ABOUT US

Dokulabo College 

ドクラボカレッジ

ドクラボ

​神楽坂ラボ

​キャリラボ

ADDRESS

ドクラボメイン会場:

外苑前グローカルカフェ

東京都港区北青山2-10-29

日昭第二ビル 1F

※外苑前駅 3番出口より徒歩5分

dokulabo16@gmail.com

​お問い合わせ
  • Facebook Social Icon
  • Instagramの社会のアイコン
  • line

© 2019 Produced by DOKULABO COLLEGE

ドクラボカレッジとは?

自分の本当にやりたいことを

発掘し、育て、形にする大学

 

Input For Action

はじめの一歩を踏み出す実践の場

​ドクラボカレッジとは?

ドクラボカレッジとは、

自分で自分の人生を切り開いくために

​大きな力となる

プロデュース

コピーライティング

ファシリテーション

コミュニティマネジメント

​の4つの能力を

”実践”の中で身につけることができる

大学です。

 
 

ただし、ドクラボカレッジは

普通の大学とは違います。

 

入学試験・卒業試験があったり、

決まったカリキュラムが

あるわけではありません。

研究室(LABO)だけ出入りする人、

プロデュースを極めんとする人、

部活動に情熱を注ぐ人、


自分の目的に合わせた

さまざまな関わり方ができます。


言わば、

 

出入り自由な

「どこでもドア」な大学

”​自由”と言うと、

響きはいいですが、

受け身でただ待っていても

何も起こりません。

しかし、

「人生を前向きに変えていきたい」

 

「自分の人生をいきたい」

 

と悩みながらも動ける人には

最適の場所です。



​自分の人生を切り開く4つの能力

起業・複業・パラレルキャリアなど

さまざまなライフスタイルに合わせた

働き方をする人も

珍しくなくなりました。

そんな時代に必要になってくるのは

「​言われたことを忠実にこなす能力」

 

ではなく、

「自分の人生を主体的に動かす力」

だと、私たちは考えます。

具体的には、次の4つの能力です。

①プロデュース能力

②コピーライティング能力

③ファシリテーション能力

④コミュニティマネジメント能力

私たちが定義する

4つの能力をご紹介します。

①プロデュース能力とは、

人の可能性を信じ、

引き出し、形にしていく力

プロデュースする相手の可能性を引き出し

新しいものを創り出す中で、

プロデュースした本人の

可能性・能力を引き出し

開花させることにつながります。

②コピーライティング能力とは、

引き出した相手の魅力を

必要な人の元へ届ける力

その人の魅力をどういう言葉で表現し

どう伝えたらいいのか、

どうしたら届けたい人に

そのメッセージは届くのか?

魅力を最適化して伝える能力です。

③ファシリテーション能力とは、

場の流れを作り、

意見を引き出し統率する力

話しやすい雰囲気を作り、

メンバーの意見を引き出し、整理し、

絞り込み、まとめます。

一人一人を尊重しながら、

場の力を最大化する能力です。

④コミュニティマネジメント能力とは、

​コミュニティを支え、

自走させる能力

コミュニティが滞りなく回るように

管理・監督するだけでなく、

コミュニティが自走し、

成長を続けられるように

能力です。

この4つの能力を身につけ、

あなたが自分らしく生きていくための

 

”新たな一歩を踏み出す”

きっかけを作って頂けたら幸いです。

Dokulabo College Founder 

トニー木下

ドクラボ総監督/ドクラボカレッジ創設者

 

コミュニティ運営歴17年目、

コミュニティ立上げ・運営の専門家・アドバイザー。

 

徳島県出身、徳島大学大学院工学研究科修了後、Web求人広告営業マネージャー、電子出版社役員を経て、現在はデジタルマーケティング会社の営業責任者として活動中。

その他、会員制サロン運営代行会社、IoT関連輸入商社、ゲームシナリオ制作プロダクションの経営にも参画。

同カレッジが運営するコミュニティを2014年に設立。

約3年で250以上のミニ講座をプロデュースするチームを統括し、参加者は延べ2500名。

2014年にはコミュニティの作り方を学ぶ講座を開講し、第9期200名以上が参加。

2017年にはビジネスモデル構築やマーケティングの専門家とともに、オンラインサロンやコミュニティマネジメントをテーマにトークライブを毎月開催。

またプロデュース力を磨くオンラインサロンを開講。

※ドクラボカレッジ立上げまでの秘話が小説形式で読めます

http://tsukiji-ryusuke.com/story-kinoshita.html