ABOUT US

Dokulabo College 

ドクラボカレッジ

ドクラボ

​神楽坂ラボ

​キャリラボ

ADDRESS

ドクラボメイン会場:

外苑前グローカルカフェ

東京都港区北青山2-10-29

日昭第二ビル 1F

※外苑前駅 3番出口より徒歩5分

dokulabo16@gmail.com

​お問い合わせ
  • Facebook Social Icon
  • Instagramの社会のアイコン
  • line

© 2019 Produced by DOKULABO COLLEGE

LABO(研究・実践の場)

それ​オモシロそう!

まずやってみよう!

 LABO(研究・実践の場)は 

​ 楽しくオープンに 

 実践ができる場です。

​ 一般的な​研究室のイメージとは異なり 

 開放的で関わる人が 

 ワクワクできるかどうか 

 

 を​重視しています。 

 

​ ラボでの活動を通して、 

 さまざまな能力だけでなく 

かけがえのない「仲間」や

自分らしくいれる「居場所」

​ も得ることができます。 

ドクラボ
粋な仲間と出会える
オトナの秘密基地 
ドクラボカレッジ(dokulabo-college)
神楽坂LABO
大人を愉しむ・大人を嗜む
〜紹介制コミュニティ〜
ドクラボカレッジ(dokulabo-college)

①お名前

②読ラボ/かぐらぼ役職

 

③出身

 

④コミュニティでやっていること

⑤活動実績(読ラボで一歩踏み出せたこと)

⑥現在のお仕事やその他PRポイント

Members

トニー木下

ドクラボ総監督

ドクラボカレッジ創設者

徳島県出身。

2014年5月、マエケンと共にドクラボを創設。

ドクラボではコミュニティマネジメント全般を担当。

コミュニティ視察希望者のための「ドクラボ視察ツアー」の案内人も務める。マーケティング会社の営業責任者を務めながら、コミュニティ立上げ・運営の専門家としても活動。

コミュニティ運営暦 17年目の経験と読ラボの設計・運用手法等を体系化した内容で「コミュニティの作り方講座」を開講、延べ200名が受講。

会員制サロン運営代行事業の経営にも関わる。

デジタルマーケティング会社の営業責任者としても活動中。

革新的な発想と柔軟な思考を合わせもつリーダー。

人を”巻き込む力”に長け、そのマネジメント力は多くの人の人生を動かす。

​マエケン

ドクラボ顧問

​キャリアアップラボProf.

和歌山県出身。

ドクラボ発起人の1人。

トニー木下と共にドクラボを立ち上げる。

初期読書会シーズンの名ファシリテーターとして活躍。

現在はコミュニティの兄貴分として、鋭いフィードバックでサポートする”みんなの頼れる相談役”。また、年一でスペシャル講師として登壇。

会社員から独立後は、一般社団法人協会ビジネス推進機構代表理事として、

数多くのセミナー講師・コンサルタント・専門家に対して協会ビジネスを1から学ぶ講座型コンサルティング「協会ビジネスベーシック講座」を開催し、受講者数は200名を超える。

初年度年商1000万円を達成する協会を数多く生み出す。

 

家族を愛する2児のパパ。面倒見のいいドSキャラ。

筒井 啓文

(つつい ひろふみ)

​ドクラボProf.

ドクラボ朝活統括プロデューサー

ドクラボ朝活の創設者

岡山県出身。

2014年7月より、どうやって一歩を踏み出したら良いか分からない人達を応援するため、自分のコンテンツを小さく試せる場として、「ドクラボ朝活」を創設。

人の才能や強み、ワクワクポイントがどこにあるのかを探すのが得意で、そこを起点とした朝活を作ることを3年以上続け、これまで80個以上の朝活をプロデュース。

本業は財閥系エンジニアリング会社のエンジニア。13以上の業界、12か国以上の人達と一緒に仕事をし、多様な価値観に触れる中、本質を見極め、引き出し、形にする能力が磨かれた。 

ワクワク感が最高潮に達し、おもしろセンサーが反応すると、すぐに仲間を巻き込み、それを企画化して実行してしまうことから、「ブルドーザーのような人」とよく仲間から言われている。

福多 幸

(ふくだ こう)

コミュニティマネージャー/YZY部長

東京都出身。

コミュニティ全体の運営企画立案・調整を担当。

コミュニティが円滑にまわるように、チューニングする役割を担う。全体計画・調整をはじめ、当日の受付・会計などの実務、プロデューサーやファシリテーター、定例朝活以外の交流会運営等、フットワーク軽く足りない部分を補完し組織を前に進める。

 

2016年にやりたいことは全部やりきる(YZY)ドクラボ部活を立ち上げ、街探索イベントや坐禅、バブルサッカー等、自分がやりたいことに周りを巻き込み一緒に楽しむ体験型イベントを毎月実施中。

現在では、そのマネジメントスキルと素直なキャラが人を惹きつけ、他のコミュニティからも引っ張りだこ。ワクワクすることに瞬発力と好奇心を発揮し、今日も全力疾走中。

トレンド・ブーム体験隊長。全力疾走が止まらないスポ根女子。

坂下 春樹

(はるぴー)

ブランドマネージャー/プロデューサー

群馬県出身。

講師・講座のプロデュース、コピーライティングやSNSでのプロモーションを担当。

2017年よりブランドマネージャーになり、オンラインサロンの運営を担当。

元々ドクラボ参加者から2016年にメンバー入り。プロデュース未経験からプロデュースを実践の中で学び、今では自分の軸の1つとなる。

また、コピーライティングの能力を買われ、1年半後にはコピーライターとして独立を果たす。

プロデュース力を活かした相手に寄り添うコピーライターとして活動中。

傾聴力と巻き込まれ力に定評がある。

https://springharuking.com/

​Midori

四代目会長

千葉県出身。​

「参加者の誰よりも楽しむこと」をモットーとして活動するおもてなし隊長。

参加者のケアや講師スカウティング、PRを担当。

参加者時代に朝活講師を経験し、コンテンツがなくても講師が出来てしまうドクラボプロデュースに魅了される。

持ち前の”巻き込まれ力”を発揮し、2017年よりメンバーに加入。

本業は某ホテルのPR・広報を全般。過去にウエイトレスの責任者として国賓を接遇し、のべ8万人のお客様を接客した経験を持つ。

日本人としての調和・思い遣りを大事にする朝活界の”やまとなでしこ”

そして、その裏には、これだ!と思ったものに果敢に飛び込む”隠れハンサム女子”な一面も合わせ持つ。

Yoshiko

ドクラボ:ファシリテーター
かぐらぼ:企画&ファシリテーター

岡山県出身。
2016年運営メンバーに加入。

やりたいことが見つからず、婚活を続ける”こじらせ女子”だったが、運営メンバーに入ってから、実はやってみたかった講師やファシリテーターを1年強実施し、その才能を開花させる。

会社でも念願の研修関連の仕事に就き、公私ともにやりたかったことを全て実現。

プライベートでは2017年にドクラボをきっかけに結婚。

 

ドクラボのコンテンツやチーム力を強化し、チームが第2ステージに進むきっかけをつくり、コミュニティにも大貢献。


わかりやすく流れるような心地よいファシリテーションに定評がある。

コミュニティを表裏両面の品位・秩序を保ち、チームを支えるコミュニティの”母”的存在。

猪飼 渚

​(いかい なぎさ)

ドクラボ:プロデューサー

かぐらぼ:初代会長

千葉県出身。

読ラボ参加人数のギネス記録ホルダー

(1部、2部、スピンオフ企画)

 

2016年自身の朝活講師登壇をきっかけに

ドクラボプロデューサーに加入。

独自の切り口、魅せ方のセンスにより、講師が持つコンテンツの価値を最大限に引き上げるプロデュースが得意。その結果集客にも長ける結果となり、通常10人集まれば合格とされる1部朝活単一講座に集客20名以上、毎回1500円で20人集まれば満席とされる2部の時間帯においても会費6000円の講座をプロデュースし、50名以上の集客に成功。

また、2016年にドクラボの部活の1つとして「神楽坂ラボ」を立ち上げる。

神楽坂を舞台に散歩をしながら案内する企画を1年に渡り実施し、リピーターの多い企画として述べ200名近くを案内。

自身の企画『神楽坂を庭にする会』を含めると述べ1200名以上を案内し、神楽坂戦略家として名を馳せている。

外資系生命保険の営業。

2016年にドクラボで学んだ人間の行動分析を営業に使ったところ一時的に売上が1800倍になった。現在でも過去最高の実績を更新中。

チームを盛り上げ導くムードメーカー。戦略家とアイデアマンの顔も持つ。

森  秀彦

​(もり ひでひこ)

ドクラボ:プロデューサー

高知県出身。

​占い師/日本最速のパーソナルコンサルタントとして活動中。

最速の理由は、リサーチやヒヤリングと呼ばれる現状把握の聞き取りが瞬時にできてしまうから。

そのスキルと過去に2000人を超えるクライアントを見てきた経験から

究極の現状打破テクニック『印象コントロール術』を開発し、2016年に朝活講師として披露。
2017年ドクラボプロデューサーとしてメンバーに加入。

本の書評プレゼン対決「ビブリオバトル」で初参加で優勝経験を持つ。

説得力があり人を惹きつける語り口と

ギャップを感じさせる実はチャーミングなキャラクターで多くのファンに愛される。

​さとう

ドクラボプロデューサー

栃木県出身。

2016年にドクラボに参加したことをきっかけに、朝活講師も体験。プロデュースに興味を持ち、半年間、ドクラボインターン生にジョイン。その後、正式にプロデューサーとしてメンバーに加わる。

平日はサラリーマンとして働く傍ら、週末は「親子プロフイール写真」専門のカメラマンとしても活動中。これまでに50組以上の親子を撮影。

今しか撮れない、家族の輝く笑顔の瞬間 をファインダーに収め、体験者の方々から「とにかく楽しい撮影!」と好評を博す。

コーヒーと読書が好きで、コーヒースタンドを巡るイベントも企画。

​穏やかさと行動的な面を合わせ持つ。爽やかな笑顔が印象的。

内海大祐

​(うつみ だいすけ)

YZY部 副部長

横浜市中区出身。

2016年よりYZY(やりたいことは全部やりきる)部の副部長としてメンバーに加入。

「楽しいと思ったら何でも参加して、とことん楽しむ!」ことをモットーとして、YZYでは、VR体験や等々力渓谷の散歩等、ホームタウンでもある秋葉原マニアックツアーなどで自ら率先して楽しみムードメーカーとして会を盛り上げる。

不良大学生→ネトゲ廃人→ITエンジニア→営業、という経歴を持ち、現在は秋葉原のITベンチャーで取締役社長に就任。

自分の人生やビジネスを通して、「人生は楽しい!」と心からみんなが思えるようになる世の中にしていくことを志として人生を満喫中。

歴史好き。美味しいお酒と美女に弱い愛され社長。

​シャーリー

​ドクラボファシリテーター

​大阪府出身。

ドクラボには講師として数回登壇。神楽坂ラボにもファシリテーターとして参戦。

自身が主催する「手帳を使った目標実現を応援する朝活」を150回以上継続し、述べ〇〇人の参加者を動員。多くの人の人生をかえるきっかけを与えている。

​彼との出会いによって運命を変えた運営メンバーも数名。

本業のエンターテイメント事業でも、

得意のコーチングをベースにしながらいかに楽しく目標を達成して目的に向かうかをサポートすることで力を発揮している。

坂本龍馬に夢中な心優しい日本男児。

男前で家族を愛するイケメンパパ。